×
当サイトでは、Cookieを使用して利用者の体験を向上させています。 閲覧を続行する場合は、当サイトでCookieの使用に承諾いただいたことになります。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
同意する

EVENT INFO

イベント情報

懐かしの名画シアター ~古き良き時代の洋画セレクション~【福岡アジア美術館】2021

中洲川端エリア

<懐かしの名画シアター 2021年6月上映作品>

開催日:2021年6月3日(木曜日)
①10:00~汚名
②12:00~陽のあたる場所
③14:30~美女ありき

<解説>
①汚名(1946年/アメリカ/モノクロ/101分)
監督:アルフレッド・ヒッチコック 主演:イングリッド・バーグマン、ケイリー・グラント
父親にドイツのスパイ容疑がかけられ、売国奴の娘と呼ばれたアリシアにFBIの捜査官デブリンが接近してくる。全編手に汗握るスリルと甘いロマンスが見事に融合した名匠ヒッチコック監督による傑作娯楽サスペンス。

②陽のあたる場所(1951年/アメリカ/モノクロ/122分)
主演:モンゴメリー・クリフト、エリザベス・テイラー 監督:ジョージ・スティーヴンス
貧しい家の生まれだが野心家のジョージは富豪令嬢アンジェラと知合い結婚の約束をとりつける。一方同僚アリスから妊娠を告げられ結婚を迫られたジョージは彼女を殺そうと企む。
クリフトの繊細な演技や当時19歳のリズの完璧な美しさは感嘆に値する。第24回アカデミー賞で、監督賞をはじめ6つのオスカーを獲得。

③美女ありき(1941年/イギリス/モノクロ/128分)
主演:ヴィヴィアン・リー、ローレンス・オリヴィエ 監督:アレクサンダー・コルダ
ナポリ駐在の英国大使ハミルトン卿夫人と、ナポレオン戦争で活躍した英国海軍提督ネルソンとの道ならぬロマンスを、実際に不倫の末に再婚した「風と共に去りぬ」のヴィヴィアン・リー&「レベッカ」のローレンス・オリヴィエが切なく演じた悲恋ドラマ。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため対策を行っております。ご協力をお願いいたします。
・会場ではマスク着用の徹底にご協力ください。
・備え付けの消毒液をご利用ください。またこまめな手洗いをお願いします。
・場内では、感染防止の観点からも、大声での会話などはご遠慮ください。

エリアガイド
目的から探す
観光スポット情報
体験型コンテンツ
観光ツアー情報
イベント情報
屋台情報
福岡を楽しむ
特集
観光モデルコース
福岡の巡り方
福岡グルメ
福岡みやげ
福岡の祭り
福岡のナイトタイム
福岡を知る
お知らせ
福岡の魅力
博多旧市街
観光エリアガイド
観光カレンダー
観光PR動画
交通情報
交通機関
市内交通ガイド
アクセスガイド
お得なチケット
旅の実用情報
観光案内所
両替・ATM
Wi-Fi情報
緊急時の連絡先
観光マナーとルール
宿泊税