FESTIVALS

福岡の祭り

祭り好きで知られる博多っ子。福岡では年間を通じて様々な祭りが開催され、大勢の人で賑わいます。夏の風物詩である「博多祇園山笠(7月)」は、御輿を担いで博多の街を駆け巡る男たちの粋な姿が迫力満点。その他、毎年約210万人が訪れる「博多どんたく(5月)」など活気に溢れる祭りが目白押しです。

博多どんたく港まつり

博多どんたく港まつりメニューを閉じる

約830年前の慶祝行事「博多松囃子」を博多町人が発展させたのが「博多どんたく」。 語源はオランダ語のゾンターク(休日)に由来し、 現在は毎年5月3・4日の2日間かけて市民総参加の祭りとして賑やかに行われます。 祭りのメインは明治通り(呉服町交差点西詰〜天神交差点東詰の1,230m)を華やかにパレードする「どんたく隊」。市内約30カ所には舞台が設置され、楽しいイベントが開催されます。どんたく期間の福岡は、キラキラ輝く花自動車が市内を走りお祭りムード満開。 福岡全体がどんたく一色に染まります。

開催日時
毎年5月3日~4日
開催場所
福岡市内各所
詳細
博多どんたく港まつり公式サイト

博多祇園山笠

博多祇園山笠メニューを閉じる

1241年に承天寺の開祖・聖一国師が、疾病封じのために祈祷水(甘露水)をまいたのが「博多祇園山笠」の始まりとされています。毎年7月1日になると、10mを超す飾り山笠が市内14ヶ所で常設展示され、博多の街は山笠一色で活気づきます。最高潮を迎えるのは7月15日の午前4時59分。真夜中に集まった観客に見守られ、大太鼓の合図と共に舁き山を担いで博多の街を全力疾走。国指定重要無形民俗文化財にも指定されているこの祭りの迫力を、ぜひ体感してください。

開催日時
毎年7月1日~15日
開催場所
櫛田神社 他
詳細
博多祇園山笠公式サイト

放生会

放生会メニューを閉じる

福岡市民なら、着物に身を包んで博多三大祭りの一つ「放生会」に行った人も多いはず。この福岡市東区の筥崎宮の秋祭りは、毎年9月12日から18日まで開催されます。約1kmの参道には500もの露店が並び、連日連夜大勢の人で大賑わい。「放生会」とは、万物の生命を慈しみ殺生を戒めるための神事。同時に実りの秋を感謝し、商売繁盛や家内安全を祈って多くの参拝者が足を運びます。

開催日時
毎年9月12日~18日
開催場所
筥崎宮
詳細
筥崎宮公式サイト

十日恵比須

十日恵比須メニューを閉じる

えびす様を祀っている神社で、正月の十日前後に行われるのが「十日恵比須」。1月8日の初えびすに始まり、9日宵えびす、10日正大祭、11日残りえびすと続くこの4日間は、毎日夜遅くまで参拝者が絶えません。なかでも見所は、9日の15時頃から行われる博多芸妓の「徒歩(かち)詣り」。 その姿を一目見ようと、カメラ片手に多くの人が集まります。

開催日時
毎年1月8日~11日
開催場所
十日恵比須神社
詳細
十日恵比須神社公式サイト

玉せせり

玉せせりメニューを閉じる

日本三大八幡宮の一つで、国の重要文化財である筑前一ノ宮の筥崎宮。毎年1月3日に行われる玉取祭「玉せせり」は「玉競り」と書き、文字通り氏子達が集団で玉を競(せ)って一年間の吉凶を占う正月行事。男達が締め込み姿で競う姿に、身が凍えるような寒さも吹き飛んでしまいます。最後に奪った競子が浜側なら大漁、陸側なら豊作に恵まれるといわれています。

開催日時
毎年1月3日
開催場所
玉取恵比須神社~筥崎宮境内
詳細
筥崎宮公式サイト
エリアガイド
目的から探す
観光スポット情報
観光ツアー情報
イベント情報
屋台情報
福岡を楽しむ
特集
観光モデルコース
福岡の巡り方
福岡グルメ
福岡みやげ
福岡の祭り
福岡のナイトタイム
福岡を知る
お知らせ
福岡の魅力
博多旧市街
観光エリアガイド
観光カレンダー
観光PR動画
交通情報
交通機関
市内交通ガイド
アクセスガイド
お得なチケット
旅の実用情報
観光案内所
両替・ATM
Wi-Fi情報
緊急時の連絡先
観光マナーとルール