EVENT INFO

イベント情報

12+12 九州の旅 写真展【福岡市美術館ギャラリーB】第二回鳴鳳堂国際青年映像祭【電気ビル共創館】

大濠・六本松エリア

12+12 九州の旅 写真展

2019年8月20日(火曜日)~25日(日曜日)9時30分~17時30分※金曜日・土曜日は20時まで
福岡市美術館ギャラリーB(福岡市中央区大濠公園1-6)

中国の映画映像教育の最高峰であり、中国メディア界に多大な影響を持つ北京電影学院。『12+12 プロジェクト』は、2016年4月に起こった熊本地震の復興支援のために、同学院市長メディア学院長であり、中国を代表する写真家 宿志剛(シュク シコウ)と北京電影学院教授陣が九州をはじめ日本各地を巡る12日間の旅を写真や映像として収めたものです。私たち日本人と違う視点・視座を持ち、新鮮な驚きと感動を内包している作品群は、これまで知っている九州とはまた違った魅力を放っています。今回は、彼らが日本の他地域で撮影した作品も展示。ものの見方が変わる瞬間を体験できるイベントとして、深く記憶に残るものになれば幸いです。

地域の埋没資産を発掘せよ[フォーラム]
~ニーズ・シーズ・ジョブの連携によるインバウンド戦略の可能性~

2019年8月23日(金曜日)14時開場・15時開演
福岡市美術館レクチャールーム(福岡市中央区大濠公園1-6)
『12+12 』プロジェクトで示唆された新しい観光資源の開発のあり方や、インバウンドを進めるにあたり必要とされる観光インフラ整備、そして観光を担う人材育成という三つのテーマについて討議します。
■パネリスト
宿志剛(北京電影学院視聴メディア学院長、写真家)
岸本吉生(独立行政法人中小企業基盤整備機構業務統括役)
蘇慶(株式会社鳴鳳堂代表取締役)
司会:榎田竜路((合)アースボイスプロジェクト代表、メディアプロデューサー)

第二回鳴鳳堂国際青年映像祭

この度、第2回鳴鳳堂国際青年映像祭及びシンポジウムを開催いたします。
今年2回目となる同映像祭コンペティション部門では日中米、ベトナムの各教育機関及び若手より341作品の応募があり、ノミネート作品は全161作品となりました。これらの作品からドラマ、ドキュメンタリー、アニメーション、実験映像、携帯映像、写真の6つの部門での受賞作品、そしてその中からさらに最優秀作品が大賞として選ばれます。

第二回鳴鳳堂国際青年映像祭[上映会]
 2019年8月28日(水曜日)11時30分開場・12時開演
電気ビルカンファレンスA会議室(福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館3階)

第二回鳴鳳堂国際青年映像祭[開幕式・シンポジウム・授賞式]
2019年8月29日(木曜日)
電気ビルみらいホール(福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館4階)
10時~開幕式
11時~シンポジウム
18時~授賞式
上映対象受賞作品

エリアガイド
目的から探す
観光スポット情報
観光ツアー情報
イベント情報
屋台情報
福岡を楽しむ
特集
観光モデルコース
福岡の巡り方
福岡グルメ
福岡みやげ
福岡の祭り
福岡のナイトタイム
福岡を知る
お知らせ
福岡の魅力
博多旧市街
観光エリアガイド
観光カレンダー
観光PR動画
交通情報
交通機関
市内交通ガイド
アクセスガイド
お得なチケット
旅の実用情報
観光案内所
両替・ATM
Wi-Fi情報
緊急時の連絡先
観光マナーとルール