EVENT INFO

イベント情報

「ロボット」誕生100年記念 チャペック兄弟の絵本・ブックデザイン・舞台【 三菱地所アルティアム(イムズ8階)】

天神・薬院エリア

「ロボット」という言葉を生み出した、チェコのチャペック兄弟の幅広い創作を大公開

今から100年前のチェコで、カレル・チャペック(1890-1938)は、技術の革新的発展により変わりゆく世の中に対して、鋭い洞察に満ちた戯曲『R.U.R.』(1920)を書き、「ロボット」という言葉を世に出しました。
カレル・チャペックは、新聞記事、戯曲、批評、旅行記などを執筆する一方で、画家である兄ヨゼフ・チャペック(1887-1945)とともに、日本でもロングセラーとなっている『長い長いお医者さんの話』(1932)や『ふしぎ猫プドレンカ』(1929)などの優れた童話作品も数多く残しています。

本展は、「ロボット」という言葉の誕生100年を記念して、チャペック兄弟による幅広い創作活動の中から、絵本・ブックデザイン・舞台に関する創作を展示いたします。カレル・チャペック記念館、チェコ国立文学館、チェコ国立博物館などの協力によって、日本でもファンの多いヨゼフの絵本原画や装丁本に加え、カレルによる『ダーシェンカ、あるいは子犬の生活』(1933)の写真やデッサン、そしてこれまで日本でほとんど紹介される機会のなかった『R.U.R.』の舞台美術のパネル展示などにより、チャペック兄弟の色褪せない魅力的な作品世界をご紹介いたします。

■関連イベント

チャペック兄弟の絵本・ブックデザイン・舞台
オープニングイベント 講演チャペック兄弟の創作とその時代

中東欧の文学や美術を専門とし、チェコに関する著作や翻訳を多数手がけている阿部賢一氏が、チャペック兄弟の仕事と魅力をわかりやすくお伝えします。
日時:6月8日土曜日14時45分開場、15時開演90分程度
会場:デジタルハリウッドSTUDIO福岡イムズ 11F
話し手:阿部賢一東京大学 准教授
参加料:700円展覧会チケット付
定員:50名自由席・先着順
申込:要電話予約
三菱地所アルティアム092-733-2050

チャペック兄弟の絵本・ブックデザイン・舞台
アニメーション上映会

ヨゼフ・チャペックの挿絵をもとに作家没後に作られたアニメーションなどを上映します。
日時:6月22日(土曜日)14時~
   6月30日(日曜日)14時~
   7月12日(金曜日)18時~
   ※上映時間:約40分
・『二人の少年と一匹の犬が走り回るのを見てごらん』
Vizte vše, co dnes tropí dva kluci a jeden pes!
1925年/7分
監督:ヘルミーナ・ティールロヴァー、カレル・ドダル
・『子どもたち』 Naše děti
1935年/6分
製作:カレル・ミュラー
・『犬のおとぎ話』Psí pohádka
1959年/15分
監督:エドゥアルド・ホフマン
原作:ヨゼフ・チャペック
・『失敗作のニワトリ』Špatně namalovaná slepice
1963年/13分
原作:ミロシュ・マツォウレク
脚本・監督:イジー・ブルデチュカ

会場:三菱地所アルティアム内(イムズ 8F)
※参加無料・予約不要(要展覧会チケット)
配給:チェコ国立フィルム・アーカイブ

エリアガイド
目的から探す
観光スポット情報
観光ツアー情報
イベント情報
屋台情報
福岡を楽しむ
特集
観光モデルコース
福岡の巡り方
福岡グルメ
福岡みやげ
福岡の祭り
福岡のナイトタイム
福岡を知る
お知らせ
福岡の魅力
博多旧市街
観光エリアガイド
観光カレンダー
観光PR動画
交通情報
交通機関
市内交通ガイド
アクセスガイド
お得なチケット
旅の実用情報
観光案内所
両替・ATM
Wi-Fi情報
緊急時の連絡先
観光マナーとルール