FEATURE

特集一覧

新元号「令和」の幕開けに、福岡・太宰府「令和」スポットを巡ろう!【その2】

令和ゆかりの地「太宰府」観光の後は、万葉歌碑を巡る福岡の旅へ

筑紫万葉のふるさとといわれる太宰府に残されているだけでなく、福岡市の文化財として点在する万葉歌碑。約4500首の歌が収められた『万葉集』には、天皇・皇族・貴族をはじめ、防人や農民など、さまざまな人々が詠んだ歌が集まっています。
玄界灘に面した福岡市においても、島や地域に暮らす人々の生活を描いた歌碑が数多く残されています。日本・福岡の豊かな文化、伝統を感じとれるそれらの場所を訪ね歩いてみるのも、味わい深いもの。
福岡市内で万葉集にちなんだ史跡&観光スポットをご紹介します。

 

①福岡市博物館

福岡の歴史・文化観光の拠点の一つである福岡市博物館。国宝「金印」や黒田官兵衛を藩祖とする黒田家ゆかりの展示コレクションなど、福岡を感じる見どころが満載。

万葉和歌集 校異第五「初春令月、気淑風和」

出土品や書物を通じて、元号以前から続く暦の変化を紹介し、「令和」の典拠となった万葉集の序文も展示しています。
現在、6月9日(日曜日)まで、企画展示「古代と暦」を開催中です。5月2日(木曜日)の14時から学芸員によるゆるい元号トーク(ギャラリートーク)も行われます。申し込みは不要なので、興味がある方はぜひ足を運んでみてください。

福岡市博物館

  • 百道・早良エリア

福岡タワーやヤフオクドームなど福岡のシンボルが集まる「シーサイドももち」にあり、福岡の歴史・文化観光の拠点の一つとなっている。 ここでは、古くからアジアとの交流拠点として発展してきた福岡の歴史とくらしを紹介し、教科書でおなじみの国宝「金印」や黒田節で有名な名槍「日本号」を常設展示している。 2014年の…

詳細を見る

寄り道したい!最寄りの観光スポット「シーサイドももち海浜公園」

福岡タワーやヤフオクドームなど、福岡のシンボルが集まるエリア。散策がてら歩いて行ける百道浜の夕景もロマンチック。

シーサイドももち海浜公園

  • 百道・早良エリア

「福岡タワー」の北側に広がる人工ビーチの公園。「福岡市総合図書館」「福岡市博物館」「福岡ヤフオク!ドーム」からも近く、人工砂浜の中央には「マリゾン」がある。砂浜ではビーチバレーやビーチサッカーなどのビーチスポーツが盛んだ。夜は海面に映る都会の夜景を楽しむことができ、昼夜問わず福岡市有数の人気デートス…

詳細を見る

 

②博多湾に浮かぶ2つの島「志賀島」「能古島」

山上憶良が詠んだといわれる歌碑がある「志賀島」(東区)をはじめ、香椎宮へ参拝した際に大伴旅人などが詠んだ三首の歌碑がある「香椎潟」など、志賀島だけでも10の万葉歌碑が集中。博多湾を挟んで、志賀島の南側に位置する「能古島」(西区)や市内の歌碑を含めると約20の歌が福岡市で詠まれています。
大宰府で多く詠まれた「官の歌」に対し,海に面した場所ならでは、島やまちでは庶民の暮らしを詠んだ「民の歌」が多いのも福岡市に見る万葉歌碑において興味深いポイントです。

能古島と志賀島にある双子万葉歌碑(山上憶良)

志賀島北端部の国民休暇村内に建てられている歌碑

志賀島「大船に小船引きそへかづくとも 志賀の荒雄にかづきあはめやも」(巻16・3869)
たとえ大船に小船を加えて多くの人々が海に潜ったとしても、志賀の荒雄に潜りあえるだろうか、いや、会えはしない。

この歌は、大宰府が対馬の防人へ食料を送る際、船の舵取りとなった宗形部津麻呂に代わって出航し、途中の暴風雨により帰らぬ人となった志賀の荒雄(漁師)にまつわる歌。夫を失った妻子の心の痛みを、筑前守の山上憶良が詠んだと伝えられています。

万葉歌碑(也良の崎)

万葉歌碑(也良の崎)

能古島「沖つ鳥 鴨とふ小舟の 還り来ば 也良の崎守 早く告げこそ」(巻16・3866)
沖にいる鳥、鴨という名前の船が帰ってきたら、也良(能古島の北端にある也良岬)の防人よ、早く伝えてくれ。

一方、「のこのしまアイランドパーク」に隣接する道に立つこの歌碑もまた、海で遭難し帰らぬ人となった志賀の荒雄にちなんで、山上憶良が詠んだといわれる歌。子どものことを想った歌など庶民の生活に寄り添った視点で詠まれており、山上憶良の人柄が伝わってくるかのようです。

せっかくなら、福岡のリゾート地「志賀島」を満喫♪

博多湾の入り口にある「志賀島」は、砂州により本土と陸続きになった島。車、電車、バスで海の中道(志賀島と九州本土をつなぐ砂州)を通る陸ルート、船で博多ふ頭から渡る海ルートがあり、いずれのルートも福岡市内から手軽に行くことができます。

志賀島海沿い道路ダイビングポイントとして知られ、「福岡市内にこんな青い海が!」と驚く人も多い美しいビーチ「勝間海岸」や、海の守護神を祀る龍の都「志賀海神社」(参道に万葉歌碑あり)、レンタサイクルに乗って、島の周囲を廻るサイクリングロードもおすすめ。

浜幸家海鮮ちらし新鮮で豪勢な海鮮料理で、腹ごしらえを。福岡の自然を思いっきり満喫し癒されましょう!

関連記事:絶景サイクリング!感動の景色に海鮮グルメ,温泉も楽しめる志賀島

能古島に来たなら、四季折々の花が美しい「のこのしまアイランドパーク」へ!

のこのしまアイランドパーク

フェリーで約10分の好アクセスで豊かな自然に出会える周囲12kmの「能古島」。
島の高台にあり、宿泊施設も備えた「のこのしまアイランドパーク」は博多湾が一望できる最高のロケーション。福岡の花の名所であり、春は菜の花、夏はひまわり、秋はコスモス、冬は水仙など、四季折々の花が迎えてくれます。そのほか島内には、「能古島キャンプ村・海水浴場」があり、5月~9月には海の家やバンガローがオープン。まさに南の島の常夏気分に浸れます。

関連記事:これであなたも能古島通!自然と歴史豊かな能古島の観光スポット

 

③香椎(福岡市東区香椎1丁目23)

香椎宮頓宮の坂道を上った左手に歌碑が立つ

いざ子ども 香椎の潟に 白妙の 袖さへぬれて 朝菜摘みてむ」(大伴旅人)(巻6・957)
さぁ、みんな、香椎潟で着物の袖までぬらして朝餉(朝食)の海藻をつもう。

神亀五年(728)11月、大宰府の長官・大伴旅人、次官・小野老、豊後守宇努首・男人の三人が香椎宮へ参拝し、その帰り香椎潟に駒を止めて、それぞれ歌を詠んだといわれています。昭和初期まで、この丘のふもとまで波が打ち寄せ、潮干狩りができる磯浜で人々の営みを眺めることができたと聞けば、当時の様子が想像できますね。

寄り道したい!最寄りの観光スポット「香椎宮」

西征中この地で没した仲哀(ちゅうあい)天皇の霊を、神功皇后(じんぐうこうごう)が祀ったのが宮の起源とされる「香椎宮」。
香椎造りで著名な本殿は、国指定の重要文化財。周辺には、神功皇后の新羅遠征で功績を収め、300歳までも生きたという伝説の人物・武内宿禰(たけのうちのすくね)ゆかりの不老水や、神功皇后ゆかりの綾杉の大木などがあります。6月頃には、香椎宮楼門前の菖蒲池に咲く約5千本の花が見もの。

香椎宮

  • 東エリア

祭神は仲哀天皇・神功皇后、また応神天皇・住吉大神も共に祭る。西征中この地で没した仲哀天皇の霊を、神功皇后が祀ったのが宮の起源とされる。香椎は鴻臚館貿易の衰退した12世紀から博多津に代わって栄えた貿易港で、元寇の際は豊後・大友氏が香椎、多々良地区を警固してから、大友氏の支配を受けるようになった。香椎造り…

詳細を見る

 

④鴻臚館(こうろかん)

舞鶴公園内、旧平和台野球場と陸上競技場の間に立つ。

今よりは 秋づきぬらし あしひきの 山松かげに ひぐらし鳴きぬ」(巻15・3655)
今はもう秋になってしまったらしい。山の松陰でヒグラシが鳴き始めた。

遣新羅使の一行が筑紫館(のちに鴻臚館と改称)で詠んだ歌の一首。歌の内容から、中山平次郎博士(福岡の病理学者、考古学研究家)が、福岡城内に筑紫館(のちに鴻臚館と改称)があったことを推定した証拠の一つにもなったといわれています。 以後、行われた発掘調査では、この万葉歌にある遣新羅使が向かった新羅の土器も多く含まれていたことから、改めて博士の推測を証拠づける結果となりました。

鴻臚館跡展示館の内観

寄り道したい!最寄りの観光スポット「舞鶴公園」

四季折々の自然が満喫できる桜の名所としても有名な美しい公園。春には多くの花見客で賑わい、その他、ビール祭りやグルメフェアなど、年間を通して様々なイベントが開催されています。

舞鶴公園

  • 大濠・六本松エリア

福岡市の中心・天神からも徒歩約15分と近く、福岡城址をシンボルにした公園。四季折々の自然が満喫できる桜の名所としても有名な美しい公園だ。園内には陸上競技場などのスポーツ施設が整備され、大濠公園や福岡市美術館などが隣接している。 春には多くの花見客で賑わい、一年を通して、美術館帰りの人々が憩うなど、一帯…

詳細を見る

 

⑤大濠公園

大濠公園の松島に立つ

しろたへの 袖の別れを 難みして 荒津の浜に やどりするかも」(巻12・3215)
あなたとこのまま離れてしまうのが惜しいので、荒津の浜で一夜の宿を取ってしまいました。

この歌が詠まれた当時、この辺りは博多湾の入江になっていたところ。次に紹介する「西公園」の歌碑と問答歌になっていて、これから都に帰る、あるいは中国大陸に渡る者が見送りに来た人との別れを惜しむ、切ない心を詠んだ歌です。

市民の憩いの場「大濠公園」

福岡市のほぼ中央に位置する「大濠公園」は、福岡に暮らす人なら誰もがきっと一度は訪れたことのある場所の1つ。博多や天神の都心部から、地下鉄やバスで気軽に行けるリラクゼーションスポットとして親しまれています。

関連記事:水景と緑が心潤す、福岡一のオアシス「大濠公園」

寄り道したい!最寄りの観光スポット「福岡市美術館」

撮影:山中慎太郎(Qsyum!)

日本近代建築界の巨匠・前川國男が遺した建築意匠を尊重しつつ、西側に新しいアプローチを設け、大濠公園から直接入れる入り口を新設。広々としたエントランスで、公園からも美術館がよく見えるようになりました。
新設した公園側入り口にはカフェが誕生。大濠公園を眺めながらゆっくりと軽食など楽しむことができます。1階カフェは19時まで、2階レストランは20時半(ラストオーダー19時半)まで営業します。

福岡市美術館

  • 大濠・六本松エリア

大濠公園散策の傍ら、美術鑑賞を楽しむならここ。福岡市美術館は前川國男が設計した瀟洒な美術館だ。ミロやダリ、シャガールなど世界的な巨匠の作品や青木繁、黒田清輝、坂本繁二郎など九州出身の名画家の作品、さらに東洋の古美術品、重要文化財を含む茶道具、仏教美術まで、ぎっしり収蔵され見ごたえ充分!

詳細を見る

 

⑥西公園

草枕旅行く君を荒津まで送りぞ来ぬる飽き足らねこそ」(巻12・3216)
旅立つあなたを荒津の浜まで見送りに来てしまいました。いつまでも心残りですので。

西公園参道入り口に立つ、愛しい人を想って歌った問答歌。西公園は、かつて荒津山と呼ばれ、博多湾に突き出していました。

桜の名所「西公園」

展望台からは、東に福岡市街地、北に博多湾や海の中道、志賀島など見事な景観が一望できます。公園内には約1,300本の桜が植栽されており、春には多くの花見客で賑わいます。

西公園

  • 大濠・六本松エリア

万葉の時代、荒津山と呼ばれた景勝の地が現在の西公園。黒田如水・長政を祀った光雲(てるも)神社や母里太兵衛と幕末の志士平野国臣の銅像、加藤司書の歌碑、徳富蘇峰の詩碑、万葉歌碑など多くの先人の碑がある。展望台からは、東に福岡市街地、北に博多湾や海の中道、志賀島など見事な景観が一望できる。公園内には約1,3…

詳細を見る

 

⑦唐泊(西区)

東林寺の境内の一角、博多湾・今津湾を望んで立つ

からとまり 能許の浦波 立たぬ日は あれども家に 恋ひぬ日はなし」(巻15・3670)
韓亭(からどまり)や能許の浦に波が立たない日があったとしても、故郷の家を恋しく思わない日はない。

糸島半島の東岸にある唐泊港。古くから韓泊、能許の亭と呼ばれ知られていたこの港を見下ろす山腹に、臨済宗妙心派の唐泊山「東林寺」があります。歌碑は、天平八年(736)に新羅に渡った遣新羅使一行が詠んだ歌。筑紫館(後の鴻臚館)を出発し、荒津の浜から船出して韓泊に到った遣新羅使が、都を偲んで作った歌です。

寄り道したい!最寄りの観光スポット「福岡市海づり公園」

園内には軽食コーナーや魚拓展示コーナー、展望所、身体障害者用トイレ、休憩所や授乳室もあり、売店では道具やエサを販売、貸し竿(有料)もあるので手ぶらでも安心です。初心者の方には、釣り方や仕掛け作りの指導を行っています。

福岡市海づり公園

  • 西・糸島エリア

「福岡市海づり公園」は昭和60(1985)年4月に西区大字小田にオープン以来、年間を通して釣りが楽しめるレジャースポットとして多くの方に利用されており、博多湾沖へ386m突き出たT字型鋼製釣り桟橋では本格的な釣りが楽しめます。園内には軽食コーナーや魚拓展示コーナー、展望所、身体障害者用トイレ、休憩所や授乳室も…

詳細を見る

関連記事:冬の定番「かき小屋」で福岡ブランドの「唐泊恵比須かき」を食べよう!

 

ラストは、福岡の「令和」関連スポットへ!【その3】へ続く

エリアガイド
目的から探す
観光スポット情報
観光ツアー情報
イベント情報
屋台情報
福岡を楽しむ
特集
観光モデルコース
福岡の巡り方
福岡グルメ
福岡みやげ
福岡の祭り
福岡のナイトタイム
福岡を知る
お知らせ
福岡の魅力
博多旧市街
観光エリアガイド
観光カレンダー
観光PR動画
交通情報
交通機関
市内交通ガイド
アクセスガイド
お得なチケット
旅の実用情報
観光案内所
両替・ATM
Wi-Fi情報
緊急時の連絡先
観光マナーとルール