FEATURE

特集一覧

福岡の冬特集2 冬の定番「かき小屋」で福岡ブランドの「唐泊恵比須かき」を食べよう!

福岡市の中心から西へ車を走らせること約1時間。気持ち良い海風を感じながら海岸線を進み、福岡市街を対岸に望む西区の「唐泊恵比須かき小屋」へ。

穏やかな博多湾で育まれた牡蠣は、養殖場がある宮浦(みやのうら)地区の漁港周辺が「唐泊(からとまり)」と呼ばれていること、また漁業や商売繁盛の神様である「えびす様」を祀る「唐泊恵比須神社」がこの地区にあることなどから、「唐泊恵比須かき」のブランド名で販売されています。

その「唐泊恵比須かき」を現地で食べていただきたい!との思いから、2003年に福岡市漁業協同組合唐泊支所直営のかき小屋が誕生!
2007年には、320名を収容できる大型施設としてリニューアルされ、福岡県初の炭火で焼く本格的「かき小屋」になりました。

牡蠣は大きくプリッとした食感でとても美味しく、万全の安全品質管理のもとで安心して食べることができ、地元の福岡をはじめ、国内外の観光客も多く訪れ、その味の虜になっています。

今回は、一歩足をのばしてでも食べに行きたい福岡ブランド「唐泊恵比須かき」の魅力を紹介します。
店内に入り、まずは牡蠣(1kgか500g)を選んで注文します。

支払後、牡蠣を受取るとテーブルへ案内されます。
※クレジットカード、電子マネー不可

テーブルからは唐泊の海がすぐそこに見えます!

テーブルに置いてある「かきの焼き方」を見ながらさっそく焼きましょう。

書いてある通りにほんの数分焼くだけでプリプリのミルキーな焼き牡蠣が完成!

ポン酢を垂らして・・・(2個目からは空いた殻にポン酢を入れてお皿代わりにするのが通)

プリプリの食感が迎えてくれます!

いっきに口の中に濃厚でミルキーな牡蠣の味が広がります!

飲み込むのがもったいないほど“おいしい!”

お酒にも相性抜群!!ビールにハイボール、日本酒やソフトドリンクも店内で販売されています。

※車を運転される方はソフトドリンクで楽しみましょう。

食べ終わった牡蠣はテーブル横にあるゴミ箱へ!

牡蠣のほかにもホタテやエビ、イカ、かき飯、おにぎりなどメニューも豊富。
ホタテにはバターを乗せてみるのもいいですよ!

連日、店内は牡蠣好きのグループや家族連れ、恋人同士などで賑わいます。
特に土日や祝日は、店外にまで行列ができることもあります。

食べ終わった後は、近くにある唐泊漁港へ。
特別に牡蠣が出荷されるまでの工程を見学させてもらいました。

海から引き揚げたばかりの牡蠣

まず始めに、引き揚げた牡蠣をひとつひとつ手作業で、殻が空いているものを取り除き、大きさごとに仕分けていきます。

次に、殻をツルツルにするため、同じく手作業でひとつひとつ付着した海藻などを削り落とします。

続いて、濾過され殺菌されたきれいな海水で牡蠣を洗います。

最後に紫外線殺菌装置に加え、ノロウイルス対策としてオゾン殺菌装置を導入した無菌状態のかけ流し海水で出荷前24時間以上カキを飼育。これにより細菌や内臓の汚れをきれいに取り除かれます。

この徹底した安全品質管理と美味しさが評価され、高級ホテルや有名レストランでも提供されているほか、香港へ輸出もされています。

24時間近く経過した水槽内の牡蠣はキレイに輝いています。

丁寧で万全な安全対策に加え、衛生検査も毎月実施することが徹底されているため、安心して「唐泊恵比須かき」を食べることができます。

そして、なんとこの「唐泊恵比須かき」は、2012年に開催された日本一の殻付生がきを決める大会で総合順位2位を獲得!50人のオイスターマイスターが認めた牡蠣でもあるのです。

牡蠣の旬は一番寒い12~2月。海を眺めながら、気の合う仲間やご家族などとご一緒に、安心安全でとても美味しい福岡ブランド「唐泊恵比須かき」を食べて、お腹も心も満たされてはいかかですか。

<場所>
唐泊恵比須かき小屋(福岡市西区小田)
※福岡市海づり公園横 

<営業期間>
2018年10月27日(土曜日)~2019年3月頃(予定)
※在庫が無くなり次第、営業終了

<営業時間>
平日11時~17時(オーダーストップ16時30分)
土日祝11時~18時(オーダーストップ17時)

<店休日>
毎週火曜日※祝日の場合は営業  
年末年始 

<アクセス>
電車・バスでのアクセス
JR筑肥線「九大学研都市」または「今宿」で下車
駅前から、昭和バス(西の浦線)に乗車
「海釣公園前」下車スグ 

車でのアクセス
今宿道路 周船寺ICより約17分
今宿道路 今宿ICより約21分
今宿道路 捨六町ICより約車で25分

<料金>
唐泊恵比須かき
1kg 1,000円
500g 500円
※別途、炭代として1テーブルにつき300円、かきナイフ1本100円 

<予約>
不可 

<設備>
焼台80台
駐車場70台
水洗トイレ(男女別)
※食べ物・飲み物などの持ち込み不可
※軍手貸し出しあり
※個室なし
※焼いている途中に牡蠣の汁が跳ねて飛んでくることがあるので、大きめのタオルを持っていくか、汚れてもいい服装で行くことをおすすめします。

 <お問い合わせ>
福岡市漁業協同組合唐泊支所
※平日と土日祝日で問い合わせ先が異なります
[平日]092-809-2311
[土日祝]092-809-1047

唐泊恵比須かき小屋 2018【海づり公園となり】福岡市中心部からすぐ!福岡のブランド牡蠣のかき小屋!

  • 2018.10.27 〜 2019.03.31
  • 西・糸島エリア

福岡が誇るブランド牡蠣「唐泊恵比須かき」のかき小屋が今年もオープン!「唐泊恵比須(からとまりえびす)かき」は福岡市西区の昔ながらの漁港、唐泊でとれる冬の名物。 大きくてプリッとした食感で大人気。皆様に安心して食べていただくために漁協と漁業者が一体となって、直接管理・販売を行うとともに、ノロウイルス等の…

詳細を見る
エリアガイド
目的から探す
観光スポット情報
観光ツアー情報
イベント情報
屋台情報
福岡を楽しむ
特集
観光モデルコース
福岡の巡り方
福岡グルメ
福岡みやげ
福岡の祭り
福岡のナイトタイム
福岡を知る
お知らせ
福岡の魅力
博多旧市街
観光エリアガイド
観光カレンダー
観光PR動画
交通情報
交通機関
市内交通ガイド
アクセスガイド
お得なチケット
旅の実用情報
観光案内所
両替・ATM
Wi-Fi情報
緊急時の連絡先
観光マナーとルール