×
当サイトでは、Cookieを使用して利用者の体験を向上させています。 閲覧を続行する場合は、当サイトでCookieの使用に承諾いただいたことになります。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
同意する

EVENT INFO

イベント情報

Aldebaran Symphony Orchestra 演奏会【福岡市立東市民センターなみきホール】2024年 ~2024年春に卒業を迎える福岡の大学生を中心として活動するオーケストラ『アルデバランシンフォニーオーケストラ』の演奏会

東エリア

3人のロシアの作曲家がそれぞれ創り上げた音楽を演奏!

2024年春に卒業を迎える福岡の大学生を中心として活動するオーケストラによる演奏会

Aldebaran Symphony Orchestra(アルデバランシンフォニーオーケストラ)は、2024年春に卒業を迎える福岡の大学生を中心として活動するオーケストラが、2024年3月7日に福岡市立東市民センターなみきホールにて演奏会を開催します。

アラビア語の「あとにつづくもの」に由来するおうし座のα星から名付けられました。

プログラム:3人のロシアの作曲家がそれぞれ創り上げた音楽を演奏するプログラム

●「皇帝の花嫁」序曲 / N.リムスキー=コルサコフ The Tsar’s Bride Overture / N. A. Rimsky-korsakov

16世紀、モスクワ・ロシアのイヴァン4世の后が結婚直後に急死した史実に基づいたオペラ〈皇帝の花嫁〉の序曲(ニコライ・リムスキー=コルサコフ作曲、1898年)

●バレエの情景 作品52 より抜粋 / A.グラズノフ Scenes de Ballet Op.52 / Alexsander Glazunov

バレエという言葉が入っているが何かの舞台のためではなく、ロシアの管弦楽団へのプレゼントとして書かれた組曲である「バレエの情景」作品52(アレクサンドル・グラズノフ作曲、1894年)

●交響的舞曲 作品45 / S.ラフマニノフ Symphonic Dances Op.45 / Sergei Rachmaninoff

グレゴリオ聖歌 “怒りの日” の主題が強烈に打ち出され、ラフマニノフ自身のそれまでの作品の旋律も効果的に使用した、彼の最後の作品である交響的舞曲(セルゲイ・ラフマニノフ作曲、1940年)

SNSではクラシック音楽やオーケストラの演奏会に馴染みのない方にも楽しんでいただけるようなコンテンツを発信していきますので、ぜひご覧ください。

福岡市にお住まいの方、また福岡に遊びに来られる方にもぜひ足をお運びください!

エリアガイド
目的から探す
観光スポット情報
体験型コンテンツ
観光ツアー情報
イベント情報
屋台情報
福岡を楽しむ
特集
観光モデルコース
福岡の巡り方
福岡グルメ
福岡みやげ
福岡の祭り
福岡のアート
福岡のナイトタイム
博多旧市街セレクション
福岡サステナブル
ツーリズム
福岡・北九州の旅
福岡を知る
お知らせ
福岡の魅力
博多旧市街
FUKUOKA EAST
& WEST COAST
福岡城・鴻臚館
RIVER FRONT NEXT
観光エリアガイド
観光カレンダー
観光PR動画
Fukuoka360°
福岡検定
交通情報
交通機関
市内交通ガイド
アクセスガイド
お得なチケット
旅の実用情報
観光案内所
両替・ATM
Wi-Fi情報
緊急時の連絡先
観光マナーとルール
宿泊税
災害情報