×
当サイトでは、Cookieを使用して利用者の体験を向上させています。 閲覧を続行する場合は、当サイトでCookieの使用に承諾いただいたことになります。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
同意する

EVENT INFO

イベント情報

アニメージュとジブリ展【アジア美術館】2022年

中洲川端エリア

一冊の雑誌からジブリは始まった

1974年に「宇宙戦艦ヤマト」が放送されて以降、アニメブームが盛り上がる中で「アニメージュ」は、ファンと作り手の架け橋となる日本初の商業アニメ専門誌として生まれました。

本展覧会では、現在はスタジオジブリのプロデューサーとして活躍する鈴木敏夫が編集者時代に手掛けた、1978年の創刊当時から80年代までの「アニメージュ」に焦点を当てます。

まだアニメという言葉さえ広がっていない時代から、1979年に登場した「機動戦士ガンダム」の大ヒットによりアニメは大きく飛躍するブーム期を迎えます。そして、「アニメージュ」は後のジブリにつながる高畑勲・宮崎駿両監督を見出し、「風の谷のナウシカ」(1984)を世に送り出します。さらに「ナウシカ」の成功を受けてスタジオジブリが設立され「天空の城ラピュタ」(1986)誕生へと繋がっていく、本展ではこういった道のりを振り返って行きます。

当時のガンプラで作ったジオラマは、4大名シーンを再現しています。

初展示となる「風の谷のナウシカ」の名場面のセル画や押井守監督作品「天使のたまご」の貴重な資料、初期ガンプラによる「機動戦士ガンダム」の名シーンを立体で表現したジオラマなど200点以上を展示します。「機動戦士ガンダム」と「風の谷のナウシカ」の背景を生み出した美術監督中村光毅の作品は、両方見られるのが本展だけです!

2019年に福岡市博物館にて397,595名という、史上空前の来場者記録を打ち立てた「ジブリの大博覧会」で、「王蟲の世界」を製作・監修した、日本を代表する造形師・竹谷隆之氏の監修による「風使いの腐海装束」と「巨神兵のジオラマ」を楽しむことができます。

繊細なジオラマは間近で見ると迫力満点です!

福岡出身、『猫の恩返し』の森田弘幸監督が高校時代に作った自主制作アニメや当時貴重な資料など、福岡会場にしか見られないコーナーです。

本展では1983年11月号の「アニメージュ」に掲載された構想段階の青色テトを再現したぬいぐるみ、博多織xジブリ作品のコラボグッズなど約150点の展覧会オリジナルグッズを販売します。テトは茶色の毛並みで知られていますが、『風の谷のナウシカ』構想の段階では青色の毛並みで描かれていましたが、ナウシカの服装も青色なので、茶色に変更したといわれたそうです。ぜひ、青色テトに会いきてくださいね!

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため対策を行っております。
・マスクの着用の上ご来場ください(理由なくマスクを着用していない場合、ご入場をお断りする場合がございます。)
・会場内混雑の際は、予告なく入場制限を行う場合があります。
・発熱などの風邪症状がある場合には、ご入場いただけません。
・入場時の手指の消毒や、こまめな手洗いにご協力をお願いいたします。
・感染防止のため、展示室内の壁や展示ケースに触れないようお願いいたします。
・展示室内で作品鑑賞の際は、できるだけ他のお客様との距離を空けていただきますようお願いいたします。
・展示室内、グッズ物販コーナーでの会話は可能な限りを控えいただきますようお願いいたします。

エリアガイド
目的から探す
観光スポット情報
体験型コンテンツ
観光ツアー情報
イベント情報
屋台情報
福岡を楽しむ
特集
観光モデルコース
福岡の巡り方
福岡グルメ
福岡みやげ
福岡の祭り
福岡のアート
福岡のナイトタイム
博多旧市街セレクション
福岡を知る
お知らせ
福岡の魅力
博多旧市街
FUKUOKA EAST
& WEST COAST
福岡城・鴻臚館
観光エリアガイド
観光カレンダー
観光PR動画
Fukuoka360°
交通情報
交通機関
市内交通ガイド
アクセスガイド
お得なチケット
旅の実用情報
観光案内所
両替・ATM
Wi-Fi情報
緊急時の連絡先
観光マナーとルール
宿泊税
災害情報