×
当サイトでは、Cookieを使用して利用者の体験を向上させています。 閲覧を続行する場合は、当サイトでCookieの使用に承諾いただいたことになります。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
同意する

EVENT INFO

イベント情報

【開催中止】特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 「古代エジプト展」【九州国立博物館】ライデン国立古代博物館より約250点が来日!

福岡市近郊エリア

【開催中止のお知らせ】
特別展 ライデン国立古代博物館所蔵 「古代エジプト展」は、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止にかかる政府からの要請および九州国立博物館の休館により、開催中止となりました。
詳細はリンク先をご覧ください。
特別展「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展」福岡展開催中止のお知らせ(九州国立博物館)
チケット払い戻しに関して(九州国立博物館)

5大エジプト・コレクション、ライデン国立古代博物館より約250点が来日!
人のミイラ5体のほか、ネコや魚のミイラを展示。ミイラのCTスキャン研究も!

世界で最も古い国立博物館の一つであるオランダのライデン国立古代博物館は、古代エジプト、ギリシャ、ローマなど総数約20万点(2018年末現在)のコレクションを所蔵しています。中でもエジプト・コレクションは約2万5千点にのぼり、ヨーロッパでは大英博物館、ルーヴル美術館、ベルリン・エジプト博物館、トリノ・エジプト博物館と合わせて5大エジプト・コレクションに数えられる世界有数の量と質を誇ります。

この度、同館所蔵の古代エジプト・コレクションから、人のミイラ5体、動物のミイラ8体や10数点の棺などを含む、厳選された約250点の借用が実現しました。この展示会では、ヨーロッパにおける古代エジプトへの関心の高まりがどのようにして現地での調査へ連なっていったかを示し、発見された遺物から古代エジプト人の生活や社会、死生観といったさまざまな文明の側面を紹介します。さらに、最新の科学技術を通して医学的な知識やミイラ作りの過程、色やかたちに対する人びとの美意識といったこれまでに知られていなかった面を解き明かす、従来のエジプト展とは一線を画した、新たな展覧会となります。

【みどころ】

1.本展出品のミイラのCTスキャンの研究成果を世界初公開!

ライデン国立古代博物館には、多くの人間や動物のミイラが所蔵されています。
世界の美術館・博物館の中には、ミイラに巻かれた布を研究目的でほどいてしまう事例もありましたが、同館の初代館長J.C. ルーヴェンスは将来的な技術の進歩を予見し、ミイラを傷つけることなく保存することを決めました。
そのため同館が所蔵するミイラ・コレクションは、その大半が完全に布で包まれた、非常に良好な状態で保存されています。
同館では、1950年代から1960年代にX線による研究が、そして1990年代には、所蔵するミイラ・コレクションに世界初のCTスキャンが実施されました。近年では、最先端の技術を用いたCTスキャンによってさらに詳細な研究が行われています。今回、出品されるミイラの中から人間のミイラ3体と動物のミイラ1体を選び、この展示会のために最新のCTスキャン技術で調査を行い、その成果を世界初公開します。

2.圧巻の立体展示!12点(5セット10点の棺、覆い2点)の棺が一挙集合

※セットの棺においては、身と蓋をそれぞれ1点と数えます。
今回、ミイラ棺の研究で世界的に知られるライデン国立古代博物館所蔵の貴重なミイラ棺10数点の借用が実現しました。 これだけの棺を一堂に展示する機会は国内で他に例がありません。
さらにこの展示会では棺を横に寝かせた状態ではなく、12点の棺を特別に立てた状態で立体的に展示する予定です。
それにより、棺に記された「死者の書」などの呪文やさまざまな神々の図像、さらには精緻な装飾や制作の技法、色彩の豊かさや書体の違いまでを間近に見ることが可能になります。
近年新装なったライデンでの常設展示をイメージし、一挙に棺が並ぶ幻想的かつ圧巻の空間を演出し、当時の人びとの死生観へと観客を誘います。

3.ヨーロッパ5大エジプト・コレクションのひとつ、ライデン国立古代博物館から約250点が来日!

ライデン国立古代博物館は今日にいたるまで60年以上にわたりエジプトでの発掘調査を行なっていることでも広く知られます。 1960年代にアスワン・ハイ・ダムが建設された際、オランダはユネスコとともに周辺地域における考古学調査の支援を行いました。 その活動を通してエジプト政府との良好な関係が生まれ、遺物の一部を持ち帰ることが許されたほか、ダムの底に沈む運命にあったタフェー神殿はオランダに贈られ、現在ライデン国立古代博物館の一階ロビーに移築されています。
また1970年代からはカイロ南西に位置するサッカラでの発掘調査を現在にいたるまで継続し、ツタンカーメン王の側近であったマヤの墓の調査など、世界をリードする研究も多数進められています。

【お知らせ】
新型コロナウイルス感染症の拡大により、福岡市公式シティガイド「よかなび」等に掲載中のイベントが、中止や延期になる可能性がありますので、事前に開催をご確認のうえお出かけください。
また、お出掛けになる際は、咳エチケット(マスクの着用、ハンカチで覆う)等に努めていただき、手洗いや手指の洗浄等も行ってください。
症状がある、体調が悪い、などの状態の時はイベント等へのご参加をお控えいただくようお願いいたします。

エリアガイド
目的から探す
観光スポット情報
体験型コンテンツ
観光ツアー情報
イベント情報
屋台情報
福岡を楽しむ
特集
観光モデルコース
福岡の巡り方
福岡グルメ
福岡みやげ
福岡の祭り
福岡のナイトタイム
福岡を知る
お知らせ
福岡の魅力
博多旧市街
観光エリアガイド
観光カレンダー
観光PR動画
交通情報
交通機関
市内交通ガイド
アクセスガイド
お得なチケット
旅の実用情報
観光案内所
両替・ATM
Wi-Fi情報
緊急時の連絡先
観光マナーとルール
宿泊税