×
当サイトでは、Cookieを使用して利用者の体験を向上させています。 閲覧を続行する場合は、当サイトでCookieの使用に承諾いただいたことになります。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
同意する

EVENT INFO

イベント情報

福岡市美術館リニューアルオープン記念展 これがわたしたちのコレクション+インカ・ショニバレCBE: Flower Power

大濠・六本松エリア

「これがわたしたちのコレクション」ダリ、ミロ、シャガール、ウォーホルなど大公開!
インカ・ショニバレCBEの日本初個展も同時開催!

福岡市美術館のリニューアルオープン記念展「これがわたしたちのコレクション+インカ・ショニバレCBE:Flower Power」は、コレクション展と企画展という美術館の展覧会活動の両輪をひとつの展覧会として打ち出したものです。リニューアルにより生まれ変わった美術館展示室すべてを用いて、当館の今後の活動のあり方を示す展示を行います。

コレクション展示室およびギャラリーA~Fでは、「これがわたしたちのコレクション」を開催。当館が40年以上にわたって収集してきた約16,000点のコレクションの中から、代表的な作品約300点を一堂にご紹介します。開館以来、最大規模のコレクション展示となります。特別展示室では、英国を拠点に国際的に活躍する美術家インカ・ショニバレCBEの国内初個展「インカ・ショニバレCBE:Flower Power」を開催します。

「これがわたしたちのコレクション」

当館が40年以上にわたり収集してきた約16,000点のコレクションの中から、サルバドール・ダリ、ジョアン・ミロ、マルク・シャガール、アンディ・ウォーホル、ジャン=ミシェル・バスキア、草間彌生といった当館のスター的作家の作品の展示をはじめとして、明治期の洋画からポップアート、そして現代美術にいたるモダンアート100年の歴史をたどる内容の展示を行います。また近年収蔵した同時代の作家の作品もしっかりとご紹介。拡張されたコレクション展示室を十全に生かし、当館の近現代美術コレクションの特徴を余すところなくお届けします。

古美術のコレクションからは、黒田家伝来の宝物や仙厓の書画など福岡にゆかりの深い作品に加えて、電力王・松永安左エ門が蒐集した珠玉の茶道具、さらに中国・朝鮮・東南アジアなどアジア各地の古美術の名品を展示します。また、東光院仏教美術室は寺院をイメージした新たな空間へと生まれ変わりました。重要文化財を多数含む美しい仏像の姿を360度から鑑賞することができます。

室数の増えたギャラリーでは、当館の個性が際立つ「九州」にかかわる5つの特集展示を行います。久留米出身の洋画家で版画も多数制作した「吉田博」、当館が初の回顧展を開催し評価の先鞭をつけた「藤野一友」、戦後の福岡に登場した前衛美術グループ「九州派」、気品と清潔感を兼ね備えた柿右衛門様式の色絵磁器に代表される「九州古陶磁」、日本の仏教美術の源流をたどる「アジアの仏教美術」を、それぞれまとめて見られる稀有なる機会です。

1979年の開館以来、空前の規模のコレクション展。満を持して、お届けします。

「インカ・ショニバレCBE: Flower Power」

インカ・ショニバレCBE
Photo: Courtesy of Marcus Leith RA

特別展示室では、欧米で絶大な人気を誇るアーティスト・インカ・ショニバレCBE氏の国内初個展を開催します。

タイトルに掲げるFlower Powerとは、「花」と「力」。英国を代表するアーティストであるインカ・ショニバレにとって、花は重要なモチーフであり、長年にわたって様々な作品を彩ってきました。青年期までナイジェリアで過ごしたショニバレは、鮮やかな色と奇抜な柄が特徴的な綿布を作品に用いることで知られています。この綿布は「アフリカンプリント」と呼ばれることがありますが、実はインドネシアのバティック(ろうけつ染め)をもとにヨーロッパで製造され、アフリカに根付いたものです。ショニバレは、「…らしさ」という固定観念に疑問を投げかけ、作品を通してその背景に目を向けさせます。

今回、福岡市美術館のリニューアルオープンを記念して、桜をテーマとする新作を発表します。華やかでドラマティックな作品群は、その美しさの先にある、驚きと刺激に満ちた体験を与えてくれるでしょう。

★記念展ご観覧の方には、リニューアルオープンならではの特典付

・リニューアルオープン記念展終了後、コレクション展示を1回無料ご招待
・抽選で福岡市美術館オリジナルグッズのプレゼント
・チケット又は半券で、カフェ・レストランでの特典サービス  など

[関連イベント]

万能グローブガラパゴスダイナモスによる演劇ワークショップ
※要事前申込(3月17日締め切り)
4月6日(土曜日) 12時~17時
万能グローブガラパゴスダイナモス 三都市ツアー凱旋公演「溺れるクジラ」計4公演
※有料(前売3,000円、当日3,500円、25歳以下2,000円)
4月19日[金曜日] 19時30分~
4月20日[土曜日] 14時~ / 18時~
4月21日[日曜日] 14時~ 
映画上映「 ≒草間彌生 わたし大好き」計2回上映
3月31日(日曜日)10時~ / 14時~
九州交響楽団メンバーによるコンサート
3月22日(金曜日)、4月28日(日曜日)いずれも 14時~
野村誠コンサート「ノムラノピアノ×福岡市美術館」
5月18日(土曜日) 14時~15時30分
学芸員によるコレクション展示解説
近現代美術編: 3月30日(土曜日)、4月29日(月曜日)、5月11日(土曜日) 、5月26日(日曜日)
古美術編:4月7日(日曜日)、4月13日(土曜日)、5月19日(日曜日)
いずれも15時~
ボランティアによるギャラリーツアー
4月10日(水曜日)より休館日を除く毎日11時~、14時~

※申込方法や詳細は福岡市美術館公式ホームページをご確認ください。

関連ファイル
エリアガイド
目的から探す
観光スポット情報
体験型コンテンツ
観光ツアー情報
イベント情報
屋台情報
福岡を楽しむ
特集
観光モデルコース
福岡の巡り方
福岡グルメ
福岡みやげ
福岡の祭り
福岡のナイトタイム
福岡を知る
お知らせ
福岡の魅力
博多旧市街
FUKUOKA EAST
& WEST COAST
観光エリアガイド
観光カレンダー
観光PR動画
交通情報
交通機関
市内交通ガイド
アクセスガイド
お得なチケット
旅の実用情報
観光案内所
両替・ATM
Wi-Fi情報
緊急時の連絡先
観光マナーとルール
宿泊税
災害情報