SPOT

観光スポット情報

金隈遺跡(金隈遺跡甕棺展示館)(かねのくまいせき)

博多エリア

福岡空港近くにある史跡公園「金隈遺跡」は、弥生時代の共同墓地遺跡。「金隈遺跡甕棺展示館」はそんな甕棺百基以上が当時の姿のまま見学できるのだ。展示館の外壁には飯塚市の立岩遺跡から出土した前漢鏡のレプリカが埋め込まれ、弥生時代の文化をアピール。公園内は散策にも適した「弥生の森」だ。古代人のお墓参りで古代文化を知ろう。

金隈遺跡
甕棺墓という墓のスタイルは北部九州に見られる特徴。金隈遺跡からは標高30mの丘陵上に、弥生時代前期から後期にかけての甕棺墓348基、土壙墓・基棺墓119基、石棺墓2基が出土している。しかも、小児用甕棺墓が圧倒的に多いという。幼児の死亡率が高かったという証拠かも。また、人骨から抜歯の風習があったと考えられるとか。昭和47年には国指定史跡になった貴重な場所なのだ。

※2019年5月11日(土曜日)リニューアルオープン
2017年5月よりリニューアルのため閉館しておりましたが、2019年5月11日(土曜日)にリニューアルオープンします。

リニューアルオープンの詳細につきましては、以下のサイトからご覧ください。
「福岡市の文化財」ホームページ

エリアガイド
目的から探す
観光スポット情報
観光ツアー情報
イベント情報
屋台情報
福岡を楽しむ
特集
観光モデルコース
福岡の巡り方
福岡グルメ
福岡みやげ
福岡の祭り
福岡のナイトタイム
福岡を知る
お知らせ
福岡の魅力
博多旧市街
観光エリアガイド
観光カレンダー
観光PR動画
交通情報
交通機関
市内交通ガイド
アクセスガイド
お得なチケット
旅の実用情報
観光案内所
両替・ATM
Wi-Fi情報
緊急時の連絡先
観光マナーとルール