NEWS

お知らせ

【博多旧市街】博多織777周年を記念したロゴマークが決定しました!

博多織は来年、777周年を迎えます。

770年以上もの歴史を持つ博多織は1241年、博多商人満田弥三右門が宋から持ち帰った織の技法がルーツといわれています。多くの経糸に、緯糸を強く打ち込むことで厚く、張りのある生地に織り上がるのが大きな特徴で、昔から和服や浴衣の帯として愛され続けてきました。1600年には、筑前福岡藩の初代藩主が幕府への献上品にも選んだ特別な織物。現在でも、その歴史から「献上柄」と呼ばれる伝統的な柄が博多織、ひいては博多地区のシンボル的な模様として、街中のさまざまな場所で使われているほどです。

2018年に迎える777周年という節目の年に向けて、よりいっそう博多織を盛り上げていくために博多織工業組合では、ロゴマークを公募いたしました。
応募31作品の中から福岡市のグラフィックデザイナーかねこしんぞうさんの作品に決定、博多織の代表的な博多献上模様のモチーフ(華皿、縞、独鈷)を分解し七の文字に再構成したデザインとなります。

博多織工業組合ホームページ

平成30年度伝統的工芸品月間国民会議全国大会in福岡

来年度は伝統的工芸品の魅力を発信するため、毎年全国各地で開催されている「伝統的工芸月間国民会議全国大会」が福岡県で開催されます。この大会には、全国から国指定の伝統的工芸品が集まります。
福岡県の国指定の7つの伝統的工芸品を初めとした、素晴らしい匠の技を体感しにぜひお越しください。
【開催期間】平成30年11月1日(木)~4日(日)
【メイン会場】マリンメッセ福岡
【福岡県の7つの国指定伝統的工芸品】
博多織・博多人形・久留米絣・小石原焼・八女福島仏壇・上野焼・八女提灯

◎チラシ(PDF)
福岡 現代に息づく匠の技ホームページ

エリアガイド
目的から探す
観光スポット情報
観光ツアー情報
イベント情報
屋台情報
福岡を楽しむ
特集
観光モデルコース
福岡の巡り方
福岡グルメ
福岡みやげ
福岡の祭り
福岡のナイトタイム
福岡を知る
お知らせ
福岡の魅力
博多旧市街
観光エリアガイド
観光カレンダー
観光PR動画
交通情報
交通機関
市内交通ガイド
アクセスガイド
お得なチケット
旅の実用情報
観光案内所
両替・ATM
Wi-Fi情報
緊急時の連絡先
観光マナーとルール