×
当サイトでは、Cookieを使用して利用者の体験を向上させています。 閲覧を続行する場合は、当サイトでCookieの使用に承諾いただいたことになります。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
同意する

FEATURE

特集一覧

3月にリニューアルした海の中道海浜公園「光と風の広場」 志賀島のフォトスポットへ!

福岡市東区の国営公園「海の中道海浜公園」内の「光と風の広場」が2022年3月15日にリニューアルオープンしました。公園そのものが旅の目的地となる「パーク・ツーリズム」をテーマに、スタイリッシュな宿泊施設や巨大アスレチックタワーが登場したほか、マリンスポーツや乗馬など公園の自然を満喫できるアクティビティも充実。また、少し足をのばすと、海の中道エリアからレンタルサイクルでも行くことができる志賀島があります。海辺の公園でリラックスした時間を過ごした後は、志賀島のフォトスポットを巡ってみませんか。

■INN THE PARK 福岡

以前は夜間の出入りが制限されていましたが、リニューアルを機に夜の公園を楽しめるようになりました。「光と風の広場」の中核をなす「INN THE PARK(イン・ザ・パーク)福岡」は、“泊まれる公園”をコンセプトとした公園一体型の宿泊施設。4タイプの部屋があり、一人からカップル、ファミリー、グループまで対応しています。

<球体テント>

特に目を引くのは、カモ池前にずらりと並ぶ13個の球体テント。直径6mとおよそ2階建てほどの高さがあり、階段をのぼって客室に入ります。中に広がるのは柔らかい光に包まれた非日常の空間。公園内でゆったりと一日を過ごせるよう、レストランでのモーニングとフレンチコースのディナーがセットになった宿泊プランが用意されています。暗くなるとテントに明かりが灯り、辺りは幻想的な雰囲気に。夜の様子を見ることができるのは、宿泊者の特典ですね。

<スイートルーム>

公園の中心から少し離れた静かな場所に建つスイートルーム棟。窓の先には博多湾が広がっていて、開放感抜群です。大人2~4名用のゆったりした空間はグループでの利用もおすすめ。食事は海を望む専用テラスでコース料理が提供されます。対岸に広がる博多湾の夜景を眺めながら過ごし、波の音で目覚めるという贅沢な時間を過ごしてみませんか。同じロケーションには、2人用のコンパクトなキャビンもあります。

このほか敷地内には4~11月にオープンする全12棟のグランピングルームもあり、宿泊のシチュエーションに合わせて最適な部屋を選ぶことができます。

<バーベキュー場/ラウンジ>

シェフがひと手間加えた本格的なバーベキューを「手ぶら」で楽しめるバーベキュー場は、宿泊者のほか日帰り利用もOKです。夜になると、ミラーボールがきらめくラウンジへと一変。半屋外の開放的なムードのなか、ドリンクを傾けながら夜の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

<お風呂棟>

博多湾の海岸沿いにあるのは、球体テントと同じ素材で造られた「お風呂棟」。「ゆ」の文字の暖簾が懐かしくもスタイリッシュです。高い天井をもつ銭湯のような空間の中にお風呂や水風呂、屋外スペースがあります。波の音を聞きながらお湯に身を任せると、ついつい長風呂してしまいそうですね。

<レセプション、レストラン>

「光と風の広場」の出入口そばにある「INN THE PARK福岡」のフロントでは、宿泊時のチェックイン/アウトのほか、公園利用者に向けてレジャーシートやフィンランド発の競技「モルック」をはじめとするアクティビティグッズの無料貸出しも行っています。隣接するレストランは、11:00~17:00の間は宿泊者以外も利用でき、ワンプレートランチやスパイスカレー、東京・代々木の 「Little Nap COFFEE STAND」監修のコーヒーを楽しむことができます。メニューの多くはテイクアウト可能なので、天気のいい日は公園内の好きな場所に移動して、一息つくのも気持ちよさそうです。
※撮影時のみ、スタッフはマスクを外しています。

◎INN THE PARK福岡
住所:福岡市東区大字西戸崎18-26 海の中道海浜公園内
電話:092-692-7100 (受付時間:10:00~17:00)
ホームページ: https://www.innthepark.jp/fukuoka/

■シー・ドラグーン

神奈川県「マッスルモンスター」や大阪府「万博BEAST」を手がけたチームによる、九州初&国内最大規模の巨大アスレチックタワー「シー・ドラグーン」。高さ約17mにも及ぶ六角形の木製タワーは公園内で圧倒的な存在感を放っています。

2~4階は、身長125cmを超える小学生以上向けの「アスレチックコース」。特にコースは設けられていないので、自由に92種類のアスレチックアイテムを楽しめます。安全器具があるとわかっていても足がすくみそうなアスレチックばかりで、挑戦する人たちの掛け声や悲鳴が響いていました。1階には身長100~125cm、体重40kg未満の子どもを対象とする「キッズコース」があります。

タワーの最上階には展望台「天空回廊」があり、アスレチック利用者以外も登ることができます。「海の中道海浜公園」の中で一番高い場所から、博多湾や玄界灘をぐるっと一望してみませんか。

◎シー・ドラグーン
住所:福岡市東区大字西戸崎 海の中道海浜公園内
電話:050-5833-8911
時間:10:00~17:30(受付は9:30~16:00)
定休日:水曜(12~2月は水・木曜)、年末年始、2月第一月・火曜 ※春休み、夏休み期間は休みなし
料金:アスレチックコース…中学生以上 3,500円/60分、小学生 2,500円/60分 キッズコース…1,500円/60分、天空回廊(展望台)…500円
ホームページ: https://seadragoon.jp/

■アクティビティ

自然の中で体を動かすアクティビティが充実する「光と風の広場」。ヨガやカヤック、SUP、などのアクティビティのほか、子ども向けの自然体験プログラムも開催を予定しています。
詳しくは… https://uminaka.net/

<ホースライディング>

注目は、年間を通して(7・8月は休業)楽しめる「ホースライディング」体験です。すべてのコースで利用者自身が馬をコントロールし、トレイル(外乗)するのが大きな特徴。久住高原「ココペリウエスタンライディング」の経験豊富なインストラクターの指導のもと、乗馬に慣れた馬に乗れるので、初めてでも一人乗りが可能です。約30分の「ハーフトレイルライド」も、厩舎前のパノラマ広場でならしたあとはすぐそばの松林へ。上級者コースでは玄界灘海浜部まで出かけることもありますよ。乗馬に興味がある人はぜひ体験してみてほしいアクティビティです。

◎ホースライディング
住所:福岡市東区大字西戸崎 海の中道海浜公園内
電話:090-3769-2022
時間:9:30~17:30(11~2月は~17:00)
定休日:不定休(7・8月は休業) ※悪天候の場合、休業。
料金:ハーフトレイルライド(約30分)…一人乗り(小学生以上)7,000円 二人乗り(未就学児と大人)9,000円、トレイルライド(約60分)…15,000円、スペシャルトレイルライド(約120分・中学生以上)…30,000円
ホームページ: https://kokopelli-uminaka.com/

<光と風の広場口サイクリングセンター>

自転車のレンタルができる「サイクリングセンター」もリニューアル。こども用、おとな用、2人乗り、電動アシスト付きなどがあり、公園内のサイクリングロードを自由に乗ることができます。また、公園外でも利用できる「志賀島、海の中道エリア 周遊クロスバイク」が新登場。真新しいクロスバイクで志賀島まで足を運んでみませんか。スイスイと公園内を移動できる電動キックボードの貸出しも行っています。

◎光と風の広場口サイクリングセンター
住所:福岡市東区大字西戸崎 海の中道海浜公園内
時間:貸出…開園後~閉園時間の1時間前まで、返却…閉園時間の30分前まで
定休日:不定休(7・8月は休業) ※悪天候の場合、休業。
料金:こども用・おとな用・こども載せカゴつき・2人乗り…3時間300円~、電動アシスト自転車…1日2,000円(うち、保証金1,000円)、志賀島、海の中道エリア 周遊クロスバイク…3時間3,500円~(うち、保証金1,000円)、電動キックボード…1時間1,000円~
ホームページ: https://kokopelli-uminaka.com/

◎海の中道海浜公園
住所:福岡市東区大字西戸崎18-25
電話: 092-603-1111
時間:9:30~17:30(11~2月は~17:00)※入園受付は閉園1時間前まで
定休日:12月31日、1月1日、2月第1月曜とその翌日
料金:15歳以上…450円、65歳以上…210円、中学生以下…無料
駐車場:園内各所にあり(普通車530円/1日)
ホームページ: https://uminaka-park.jp/

■志賀島の最新フォトスポットへ!

「海の中道海浜公園」を訪れたなら、少し足をのばして志賀島まで出かけませんか。福岡市内にいることを忘れてしまいそうなのんびりとした空気の中で、リラックスした時間を過ごしましょう。新登場した、思わず写真を撮りたくなるフォトスポットもチェックしてみてくださいね。

<潮見公園 展望台>

志賀島の一番高い場所にある「潮見公園」の展望台から、海の中道や博多湾、玄界灘など360度のパノラマを眺めることができます。今回、展望台がフォトスポットとしてリニューアル。志賀島のいちごや、青空に映えるベル、志賀島のマップなど一緒に写真を撮りたくなるものばかりです。

<志賀島旅客待合所>

誰もが一度は歴史の授業で学んだ「漢委奴国王」と刻まれた金印は、江戸時代の1784年に志賀島で発見されました。博多港と西戸崎、志賀島を結ぶ福岡市営渡船の待合所には、巨大な金印のモニュメントがあり、写真を撮るのに最適なスポットです。リニューアルした黄金に輝くモニュメントと共に記念撮影を楽しんでください。

★海の中道・西戸崎×志賀島をまるっと満喫!
 ⇩うみなかたびサイトはこちらから⇩

★合わせて読みたい:
海の幸や絶景がお待ちかね!サイクリングで楽しむ志賀島
志賀海神社で心も身体もリフレッシュ!

写真で福岡の観光の魅力を紹介するWebページとインスタグラムが始まりました!福岡の“今”を感じる風景やイベント、話題のエリアなど旅が楽しめるスポットを紹介しています。ぜひ、フォローやシェアをお願いします!

【Web ページ】
  fukuoka360.jp
【インスタグラム】 
  fukuoka360

エリアガイド
目的から探す
観光スポット情報
体験型コンテンツ
観光ツアー情報
イベント情報
屋台情報
福岡を楽しむ
特集
観光モデルコース
福岡の巡り方
福岡グルメ
福岡みやげ
福岡の祭り
福岡のアート
福岡のナイトタイム
博多旧市街セレクション
福岡を知る
お知らせ
福岡の魅力
博多旧市街
FUKUOKA EAST
& WEST COAST
福岡城・鴻臚館
観光エリアガイド
観光カレンダー
観光PR動画
Fukuoka360°
交通情報
交通機関
市内交通ガイド
アクセスガイド
お得なチケット
旅の実用情報
観光案内所
両替・ATM
Wi-Fi情報
緊急時の連絡先
観光マナーとルール
宿泊税
災害情報