EVENT INFO

イベント情報

劇団ショーマンシップ創立25周年記念公演!ロック版唐人歌舞伎 THE NIWAKA~博多の町の芸処~【博多座】【市民檜舞台の月】2019

中洲川端エリア

『博多にわか』という伝統的な芸能を、これまで培われてきた伝統を継承しつつも、新しい時代のエンターテインメント『THE NIWAKA』として、博多座にて華やかに上映!

福岡市中央区唐人町商店街の中にある”甘棠館Show劇場”を拠点に、九州を中心に・TV・ラジオ等幅広く 活動を続ける「劇団ショーマンシップ」が創立25周年記念と博多座20周年を記念してロック版唐人歌舞伎を興行します。

【公演概要】

昭和5年(1930年)馬出にあった博多座は20周年を迎えようとしていた。
素人芸から始まり、次第に職業化が進んでいた博多のにわか師達は、博多座での興行を申し込もうとする。

しかし、博多座側は「にわかなんて素人芸を、劇場で興行させるわけにはいかん」と断る。
東京や大阪から来る歌舞伎や有名な劇団以外は、客が呼べない、採算が取れないからと上演の許可をおろそうとしなかった。
当時、自らを「博多にわかの総帥」と名乗っていた生田徳兵衛はその一言に激怒。
「東京や大阪もんの芸に、負けてられんめえもん」と息巻く。
自分たちの芸を直接見て判断してくれと、博多座に乗り込んでくる。

にわか師達は、にわかだけでなく様々な芸を組み合わせる事によって、博多座公演の権利を勝ち取ろうと奮闘するが・・・。

明治43年から昭和36年まで、現在の東公園付近にあった博多座を舞台に、芸処と呼ばれた博多の町で
東京や大阪へのコンプレックスを抱えながら、芸の在り方に悩むにわか師達の葛藤を
段物にわかとして博多座20周年の年に上演する。

昭和初期に上演された博多の伝統芸能、博多にわかの段物を現代風にアレンジ。
芝居だけではなく、歌、踊り、笑いと福博で芸事を続ける人達で、博多座20周年を勝手に祝福。

 

【劇団ショーマンシップ・プロフィール】

創立25周年を迎え、劇団員20名と提携スタッフにより、時代劇からファミリーミュ ージカルと幅広く作品を展開。

地元の歴史を掘り起こした時代劇、筑前亀門烈伝シリーズ、唐人歌舞伎シリーズは時代劇ファンのみならず、 若い世代にも好評を得ている。

学校の芸術鑑賞作品にも積極的に参加し、文化庁の巡回公演事業に採択され、その活動は九州だけにとどまらず 全国に活動の場を広げている。(2006年度・2008年度「本物の舞台芸術体験事業」、2010年度「子どものための優れた舞台芸術体験事業」、 2011年度・2012年度・2013年度「次代を担う子どもの文化芸術体験事業」)。

2013年2月には、東京・大阪・沖縄からインプロ集団を招き、インプロ(即興演劇)フェスティバルを開催するなど、新しい試みにも 精力的に取り組んでいる。

エリアガイド
目的から探す
観光スポット情報
観光ツアー情報
イベント情報
屋台情報
福岡を楽しむ
特集
観光モデルコース
福岡の巡り方
福岡グルメ
福岡みやげ
福岡の祭り
福岡のナイトタイム
福岡を知る
お知らせ
福岡の魅力
博多旧市街
観光エリアガイド
観光カレンダー
観光PR動画
交通情報
交通機関
市内交通ガイド
アクセスガイド
お得なチケット
旅の実用情報
観光案内所
両替・ATM
Wi-Fi情報
緊急時の連絡先
観光マナーとルール
宿泊税