EVENT INFO

イベント情報

トンコハウス展 「ダム・キーパー」の旅【三菱地所アルティアム(イムズ8階)】話題のアニメーションスタジオ、上映会やワークショップも開催!

天神・薬院エリア

ピクサーを飛び出した2人が設立した アメリカ拠点のアニメーションスタジオ「トンコハウス」が九州初上陸!

「一緒に周囲の期待を超えるような挑戦をしてみないか?」
この言葉をきっかけに、ピクサーのアートディレクターだった堤大介とロバート・コンドウの新たな旅がはじまりました。2人が立ち上げたアニメーションスタジオの名は「トンコハウス」。

彼らの初作品となる短編映画『ダム・キーパー』は、「なぜ、つくるのか」というトンコハウスとしての原点に何度も立ち戻りながら、紡ぎだされてゆきました。自身の心、そして仲間との対話を丁寧に重ね完成した作品は、国や年齢を問わず、多くの人の心を揺さぶります。国際映画祭では、20以上もの賞を受賞するなど高評価を集め、2015年には米国アカデミー賞のノミネートへとつながりました。短編映画のほか、2017年には1話5分、全10話のシリーズ作品『ピッグ 丘の上のダム・キーパー』が発表され、現在は『ダム・キーパー』をもとにした長編映画の制作に取り組んでいます。

本展では、トンコハウスのアニメーションにかける想いに迫りながら、NHK Eテレで放送されたシリーズ作品や制作中の長編映画など、さらに広がり続ける「ダム・キーパー」の世界をスケッチやマケット、映像など新作も交えて紹介します。温かみあるかわいらしいキャラクターデザイン、深く考え抜かれたストーリー設定、光や街が美しい背景デザインなど見どころ満載の旅する展覧会、トンコハウス展をお楽しみください。

トンコハウスとは?

2014年、堤大介とロバート・コンドウによって設立された アニメーションスタジオ。拠点は、アメリカ カリフォルニア 州。ピクサーでアートディレクターとして、トイ・ストーリー3モンスターズ・ユニバーシティのアートワークを手が けた2人が、純粋につくることを楽しみ、チャレンジし続ける 環境を求めて立ち上げた。 短編映画ダム・キーパーでは、2014年ベルリン国際映画祭 で公式上映。2015年米国アカデミー賞短編アニメーション 部門ノミネート、その他20以上の賞を受賞。その他の作品に、 短編映画ムーム2017年、アニメシリーズピッグ 丘の上 のダム・キーパー2017年などがある。
トンコハウスHP▶ http://www.tonkohouse.com/jp/

【関連イベント】

オープニングイベント | エリック・オー
日時:7月21日 14:00〜60分程度
会場:イムズプラザ特設ステージイムズB2F
参加:無料予約不要
定員:50名程度

特別上映会+トーク | 堤大介 
日時:8月3日(金) 開場18:00〜、開演18:30〜(90分程度)
会場:イムズホール(イムズ9F)
参加費:無料(但し、要展覧会チケット)
定員:150名
申込:7月21日(土)よりイムズHPお申込みフォーム にて受付開始。

アニメーションワークショップ | 中村俊博
日時:8月18日 14:00〜60分程度
会場:イムズプラザ特設ステージイムズB2F
参加費:1,000円
定員:12名
申込:7月21日よりイムズHPお申込みフォームにて受付開始。

エリアガイド
目的から探す
観光スポット情報
観光ツアー情報
イベント情報
屋台情報
福岡を楽しむ
特集
観光モデルコース
福岡の巡り方
福岡グルメ
福岡みやげ
福岡の祭り
福岡のナイトタイム
福岡を知る
お知らせ
福岡の魅力
博多旧市街
観光エリアガイド
観光カレンダー
観光PR動画
交通情報
交通機関
市内交通ガイド
アクセスガイド
お得なチケット
旅の実用情報
観光案内所
両替・ATM
Wi-Fi情報
緊急時の連絡先
観光マナーとルール