EVENT INFO

イベント情報

【九州国立博物館】世界遺産ラスコー展 クロマニョン人が見た世界

福岡市近郊エリア

世紀の大発見、2万年前の洞窟壁画がついに九州国立博物館にやってくる!
クロマニョン人が見た世界を体感しよう!

今から2万年ほど前、フランス南西部のヴェゼール渓谷にあるラスコー洞窟に、壮大な壁画が描かれました。描いたのはクロマニョン人。その壁画は、色彩の豊かさや技法、そして600頭に達する圧倒的な数の躍動感あふれる動物画が格別にすばらしく、1979年に世界遺産に登録されました。
本展では謎に包まれたラスコー洞窟の全貌を紹介するとともに、1mm以下の精度で再現した実物大の洞窟壁画展示によって、通常は公開されていない洞窟内部の世界を体験できます。また、クロマニョン人の芸術的な彫刻や多彩な道具にも焦点を当て、2万年前の人類の豊かな創造性や芸術のはじまりを知る旅にご案内いたします。

みどころ

■洞窟壁画の謎にせまる

重ねられ、連続して描かれた動物たち。非現実的なサイズ感や色彩の豊かさ、生き生きとした表現。工夫が凝らされた描き方にご注目ください。
「身廊」の壁画群は、彩色と線刻の2つの技法が組み合わされて見事に描かれています。これは他の洞窟内部には見られない特徴であり、線刻には絵を際立たせる効果があります。その隠れた線刻がライトで浮かび上がります!

■ラスコー洞窟が探検できる!

現地でも内部を見られないラスコー洞窟壁画を精巧な模型で体感できます。
3次元レーザースキャンなど現代の最新技術と、アーティストらが膨大な時間をかけ、手作業で精密に復元された迫力満点の壁画が、、来館者の前に実物大でよみがえります!
2メートルの巨大な「黒い牝ウシ」が出現!! (実物大で再現)

■芸術のはじまりを知る!

原人や旧人などの古代型人類が、芸術を生み発展させた証拠はありません。ヨーロッパでは、4万5000年以上前のネアンデルタール人(旧人)の文化に芸術的要素は見当たりませんが、クロマニョン人が現れると状況が一変しました。壁画だけではない、クロマニョン人の文化の奥深さに触れ、その技術・繊細さ・造形のユニークさをお楽しみください。
洞窟に残された画材と道具や洞窟を照らした国宝級のランプなどを紹介します。

■アフリカからやってきた!クロマニョン人の正体を解き明かす!

2万年前の人類と聞けば“原始人”をイメージされるかもしれません。しかし本当のクロマニョン人は、現代の私たちをも感動させるような芸術を生み出す存在であったことは、彼らの残した洞窟壁画や遺物からも分かります。本展では最新科学の知見に基づき、クロマニョン人の正体に迫ります。
またフランス人芸術家が最新の学術成果にもとづいて制作した等身大のクロマニョン人の一家と会場で写真を撮ることができます!

関連イベント

■記念講演会 「クロマニョン人はどこから来たのか?」

日時 :7月11日(火)午後1時30分~3時
会場:九州国立博物館1階ミュージアムホール
講師:海部陽介氏(本展監修者、国立科学博物館 人類史研究グループ長)
定員:280名
参加費:※事前申込不要[聴講無料]

■リレー講座 「ラスコー洞窟の壁画を味わう」

日時:7月22日(土)午後1時30分~3時
会場:九州国立博物館1階ミュージアムホール
講師:臺信祐爾(九州国立博物館特任研究員)、河野一隆( 九州国立博物館文化財課長)
定員:280名
参加費:※事前申込不要[聴講無料]

■ナイトミュージアム「クロマニョン人現る!!」
2万年の時を超え、タイムスリップしてきたクロマニョン人に会いに行こう!

日時:7月15日(土)、8月4日(金) 午後5時~8時の間に数回登場
会場:九州国立博物館3階 特別展会場内
参加費:事前申込不要。ただし本展入場者が対象。

エリアガイド
目的から探す
観光スポット情報
観光ツアー情報
イベント情報
福岡を楽しむ
特集
観光モデルコース
福岡の巡り方
福岡グルメ
福岡みやげ
福岡の祭り
福岡を知る
お知らせ
福岡の魅力
観光エリアガイド
観光カレンダー
観光PR動画
交通情報
交通機関
市内交通ガイド
アクセスガイド
お得なチケット
旅の実用情報
観光案内所
両替・ATM
Wi-Fi情報
緊急時の連絡先
観光マナーとルール