EVENT INFO

イベント情報

博多座「新版 喜劇 売らいでか!」 通算公演回数550回を迎える、痛快人情喜劇の決定版!

中洲川端エリア

岸宏子の小説「ある開花」を原作に、「細うで繁盛記」「あかんたれ」など数々の名作ドラマの脚本を手掛けた花登筺が劇化した作品。昭和43年に「喜劇“夫”売ります」のタイトルで映画化、翌44年にはテレビドラマ化されました。舞台でも昭和43年7月の芸術座を皮切りに上演を重ね、今回の博多座公演で550回を超える息の長い作品となっています。

新版 喜劇 売らいでか!‐亭主売ります‐ キャスト

山内 なつ枝 : 浜 木綿子 石上 三之助 (神代産業支配人) :  加藤 茶
山内 ぎん(なつ枝の姑) : 正司 花江 きく子(神代家の女中) : 大和 悠河
敬子(元校長の娘?) : 山田 まりや 石上 弘(神代産業支配人の弟) : 小野寺 丈
南出(元校長先生) : 荒木 将久 節子(神代産業事務員) : 臼間 香世
神代 里子(神代産業当主) : 大空 眞弓 山内 杉雄(なつ枝の夫) : 左 とん平

新版 喜劇 売らいでか!‐亭主売ります‐ あらすじ

物語の舞台は伊賀上野‐。
町一番の名家、神代産業の当主、里子さま(大空 眞弓)は亭主運が悪く、未亡人。一人身の淋しさで情緒不安定気味の奥様に、支配人・石上(加藤 茶)らは振り回される日々。一方支配人の弟・弘(小野寺 丈)は野心家で、里子に男をあてがい、遠隔操作で神代産業を牛耳ろうと企んだ。
そして目を付けたのが、長年里子に恋焦がれている杉雄(左 とん平)。祭り囃子に町が浮かれている頃、弘の計略にハマった杉雄は里子の寝室に連れて行かれる・・・。
杉雄の妻、なつ枝(浜 木綿子)は明るく貞淑な働き者。姑ぎん(正司花江)の嫁イビリにも耐え、組紐の内職に精を出していた。
折も折、ぎんの想い人である南出(荒木将久)の娘・敬子(山田まりや)のお腹が膨らみ始め、ちょっとした騒動に。どうやらお腹の父親は・・・?
なつ枝は弘の恋人で神代産業の女中・きく子(大和 悠河)から組紐の儲け話を持ちかけられるが、どうも魂胆がありそうで・・・。
さらに最近、夜勤続きで疲れていると言うが、杉雄の様子がおかしい。女の直感でピンときたなつ枝は、里子と対決するため、神代産業に乗り込んだ・・・。
「いらん所から、いる所へ」なつ枝は亭主を里子に売り払い、その金を元手に女だけの会社、株式会社伊賀組紐商会を設立。神代産業の事務員・節子(臼間 香世)やきく子も加わり、なつ枝は社長に就任した。
いよいよ浮気亭主と意地悪姑から離れた、なつ枝の快進撃が始まった!
売られた亭主とオマケの姑の行く末は?

 

関連ファイル
エリアガイド
目的から探す
観光スポット情報
観光ツアー情報
イベント情報
福岡を楽しむ
特集
観光モデルコース
福岡の巡り方
福岡グルメ
福岡みやげ
福岡の祭り
福岡を知る
お知らせ
福岡の魅力
観光エリアガイド
観光カレンダー
観光PR動画
交通情報
交通機関
市内交通ガイド
アクセスガイド
お得なチケット
旅の実用情報
観光案内所
両替・ATM
Wi-Fi情報
緊急時の連絡先
観光マナーとルール