EVENT INFO

イベント情報

"東山魁夷 自然と人、そして町" 九州国立博物館 7月16日より

福岡市近郊エリア

 
唐招提寺御影堂の全障壁画、九州初公開! 御影堂をほぼ再現しました。

国民画家と呼ばれた東山魁夷の初期から最晩年までの代表作が目白押しです。
その作品の多くに青い絵の具を使うことから「青の画家」とも呼ばれる東山魁夷は、第二期唐招提寺御影堂障壁画で水墨画表現に挑みました。
その唐招提寺御影堂障壁画(床の間の絵及び襖絵全六十八面)が九州初上陸。御影堂内部をほぼそのままに再現し通期で展示します。
今後数年かかる建物修復工事のため御影堂障壁画の現地拝観がかないません。この機会をお見逃しなく。
色彩と水墨による東山魁夷の絵画世界を存分にお楽しみください。

本展では、大規模な展示替えを行います。
・前期  7月16日(土)〜8月7日(日)
・後期   8月9日(火)〜8月28日(日)

関連イベント
「東山魁夷 山雲濤声~唐招提寺障壁画の記録~」 
記録映像上映会&トーク

唐招提寺障壁画唐招提寺の制作映像(約28分)を上映し、本展の見どころも紹介します。
平成28年7月30日(土)
〔1〕10時30分~11時30分
〔2〕14時00分~15時00分
場所:九州国立博物館1階 ミュージアムホール
ナビゲーター:臺信祐爾(九州国立博物館特任研究員)
定員:各回280名(当日受付・先着順)
*特別展観覧券もしくは半券の掲示が必要です。

関連ファイル
エリアガイド
福岡を知る
お知らせ
福岡の魅力
観光エリアガイド
観光カレンダー
福岡を楽しむ
特集
観光モデルコース
福岡の巡り方
福岡グルメ
福岡みやげ
福岡の祭り
目的から探す
観光スポット情報
観光ツアー情報
イベント情報
交通情報
交通機関
市内交通ガイド
アクセスガイド
お得なチケット
旅の実用情報
観光案内所
両替・ATM
Wi-Fi情報
緊急時の連絡先
観光マナーとルール