×
当サイトでは、Cookieを使用して利用者の体験を向上させています。 閲覧を続行する場合は、当サイトでCookieの使用に承諾いただいたことになります。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
同意する

EVENT INFO

イベント情報

Progressive Baroque LIVE in FUKUOKA 2023 ― 17世紀イタリア新音楽とスペイン黄金世紀の深音楽 ―【ホテル日航福岡「チャペルプリエール」】プログレッシブ・バロック・ライブ 2023年

博多エリア

ホテル日航福岡「チャペルプリエール」でプログレッシブ・バロック・ライブを開催!

17世紀イタリア新音楽とスペイン黄金世紀の深音楽

「Progressive Baroque Live(プログレッシブ・バロック・ライブ)」は、リコーダープレーヤーの古橋 潤一 氏が主宰するアンサンブル「メディオ・レジストロ」が、2017年にリリースしたアルバムのタイトルに由来するコンサートシリーズです。

本シリーズは、主にイタリア・スペインの17世紀、初期バロックの音楽に編曲や再構築を施し、新たな展開を試みております。また、その根底に流れる当時の演奏習慣や精神をできる限り損なわないように演奏することも演奏者の共通認識として共有しています。

初期バロックはその「バロック」の時代の扉が開かれた頃の音楽であり、時代の変化に合わせて作曲家たちは新しい音楽を模索しました。本シリーズは、その「新音楽」と「プログレッシブ」の要素を結びつけ、当時の音楽に進歩的なアプローチを取っています。

また、スペインの音楽がシリーズの中心的な役割を果たしており、スペインのアンサンブル作品が少ない時期に焦点を当てています。オルガン曲やビウエラ曲をアンサンブル向けにアレンジし、再構築して演奏することで、新たな魅力を引き出しています。

「Progressive Baroque in FUKUOKA」では、「17世紀イタリアの新音楽とスペイン黄金世紀の深音楽」というサブタイトルを掲げ、イタリアの音楽には「進化」を、スペインの音楽には「深化」を意識したアレンジが行われています。また過去のレパートリーも数度にわたってリアレンジされ、既にお聴きになった方でも新鮮な気持ちで楽しんでいただけると思います。

コンサートの魅力は言葉では伝えきれませんので、ぜひ実際に会場で体感してみてください。

【出演者】

– 古橋 潤一(リコーダー)
-大坪 由香(リコーダー)
-丹沢 広樹(ヴァイオリン)
-倉田 輝美(ヴァイオリン)
-小貫 詠子(チェロ)
-能登 伊津子(オルガン)
-HAMA(パーカッション)

【曲目】

-M.ウッチェリーニ:アリア第11番「カポラル シモン」
-D.カステッロ:ソナタ第17番
-作者不詳:ハカラ
-J.カバニーリェス:ガリャルダス
-F.C.de アラウホ:二声の上声部のためのティエント

関連ファイル
エリアガイド
目的から探す
観光スポット情報
体験型コンテンツ
観光ツアー情報
イベント情報
屋台情報
福岡を楽しむ
特集
観光モデルコース
福岡の巡り方
福岡グルメ
福岡みやげ
福岡の祭り
福岡のアート
福岡のナイトタイム
博多旧市街セレクション
福岡サステナブル
ツーリズム
福岡・北九州の旅
福岡を知る
お知らせ
福岡の魅力
博多旧市街
FUKUOKA EAST
& WEST COAST
福岡城・鴻臚館
観光エリアガイド
観光カレンダー
観光PR動画
Fukuoka360°
福岡検定
交通情報
交通機関
市内交通ガイド
アクセスガイド
お得なチケット
旅の実用情報
観光案内所
両替・ATM
Wi-Fi情報
緊急時の連絡先
観光マナーとルール
宿泊税
災害情報