EVENT INFO

イベント情報

日本伝統芸能×サーカス「線香花火」【福岡市民会館】第56回福岡市民芸術祭オープニングイベント

天神・薬院エリア

今年も九州発の現代サーカス作品で芸術祭が開幕!

300年続く日本の伝統文化「線香花火」。はかなくも美しい線香花火の世界観を「現代サーカス」と「日本伝統芸能」のアーティストが言葉をつかわない“ノンバーバル”演出で舞台化に挑戦し、昨年のオープニングイベントで大好評を得ました。再演を望む声にお応えし、今年はさらにバージョンアップして、秋から始まる芸術祭の扉を華やかに開きます。

出  演

谷口界(アクロバット)、ハチロウ(ジャグリング)、米澤一平(タップダンス)、
茉莉花(コント―ション)、望月ゆうさく(ディアボロ)、宮窪研(炎舞)、
平井美玖(バトントワリング)、高取優耶(椅子倒立)、藤間純六珠(日本舞踊)、
中島美紀(書道)、森永基木(津軽三味線)、みやざき都(筝)、山崎箜山(尺八)、
坂口のどか(囃子)、西尾麻衣子(ヴァイオリン)、月岡翔生子(ピアノ)
※出演者は変更になる可能性があります。

▼福岡市民芸術祭とは?
福岡市民会館の開館を機に、翌年の昭和39年(1964年)に始まり、音楽・舞台芸術・美術・伝統芸能・文芸・映像など幅広い文化団体が参加する秋恒例の芸術祭として、市民に親しまれてきました。昨年は約130もの行事が参加し、全体で12万人を越える入場者・参加者を記録しました。

エリアガイド
目的から探す
観光スポット情報
観光ツアー情報
イベント情報
屋台情報
福岡を楽しむ
特集
観光モデルコース
福岡の巡り方
福岡グルメ
福岡みやげ
福岡の祭り
福岡のナイトタイム
福岡を知る
お知らせ
福岡の魅力
博多旧市街
観光エリアガイド
観光カレンダー
観光PR動画
交通情報
交通機関
市内交通ガイド
アクセスガイド
お得なチケット
旅の実用情報
観光案内所
両替・ATM
Wi-Fi情報
緊急時の連絡先
観光マナーとルール